風俗店の集団待機室のメリットとデメリット

風俗店経営や風俗店勤務に興味をお持ちの方を支援する総合情報サイト

待機室と風俗店・風俗嬢の関わり

風俗店における集団待機室

風俗業に携わる方や普段から風俗店に通っている方、風俗業に浅からぬ関心がある方を除けば、集団待機室といわれてもどんなものかイメージがしにくいかと思います。

風俗業に関心が無い、関わりが無いといった方であれば、風俗店が設置する集団待機室は、風俗業で性的サービス提供担当のスタッフである、風俗嬢向けの待機室の一種で、不特定多数の風俗嬢が、指名や業務に備えるための待機室兼休憩所の役割を兼ねた大部屋といった捉え方で十分です。

店舗の規模によって部屋の広さや待機する風俗嬢の人口密度にも違いが生じますが、多くの集団待機室は、人口過多な場合が多いので、利用を好む風俗嬢と好まない風俗嬢がはっきりと分かれることも集団待機室が持つ、オーソドックスな特徴の一つでしょうか。

集団待機室と個室待機室

一般的に風俗業における風俗嬢の待機室兼休憩所の役割を果たす待機室は、集団待機室と個室待機室の二つのタイプが主流であり、集団待機室は低価格帯の風俗店に採用されることが多く、個室待機室は高級風俗店で採用される傾向にありますが、低価格帯の風俗店であっても、指名数が多い人気の風俗嬢には個室待機室を提供する場合もありますし、高級風俗店であってもスタッフへの高額給与と引き換えに経費削減の一環として集団待機室のみの設置に留まる場合もあるなど、経営方針によってまちまちで、店舗による差が顕著です

ちなみに、両待機室のイメージとしては、集団待機室はいわゆるワンルームをベースとした雰囲気で、個室待機室はネットカフェの個室に近いものがあります。


このコラムをシェアする