風俗店の集団待機室のメリットとデメリット

風俗店経営や風俗店勤務に興味をお持ちの方を支援する総合情報サイト

集団待機室の利用で想定されるデメリット

集団待機室利用のデメリット

残念ながら、多くの風俗店において集団待機室は褒められた環境にない上に、個々の風俗嬢の指名状況が筒抜けになってしまうことと防犯措置の甘さが重なって、風俗嬢への嫉妬が盗難や個人情報の流出といった事態へ発展しやすい土壌があるなど、デメリットが決して小さくありません。

また、集団待機室特有の狭さや人口密度が原因となって、パーソナル・スペースを確保できないことはストレスの原因となりますし、休憩室だけでなく化粧室まで兼ねてしまっている場合は、食事と化粧品や各種スプレー類と匂い消し用の芳香剤が入り混じった空間になってしまい、臭いよってストレスを感じることになるでしょう。

風俗店の経営者が何らかの対策を取っていれば、集団待機室でも左程ストレスを感じることなく過ごせるでしょうが、経費不足や経営ノウハウの不足などによって集団待機室が悪環境にあることは珍しいことではないのです。

集団待機室を避けるべき嬢の傾向

高級風俗店やスタッフのケアに余念がない経営者が経営する風俗店の集団待機室は例外としますが、基本的に風俗店の集団待機室は、人嫌いの風俗嬢やコミュニケーション能力に欠ける風俗嬢には不向きですし、気が弱いものの指名が多い風俗嬢、逆に勝気で指名が多い風俗嬢などにも利用をお勧めできません。

理由は明白で、前者の人嫌いやコミュニケーション能力不足の風俗嬢の場合、集団待機室は、単純に苦痛にしかなりませんし、後者の人気風俗嬢は、弱気であれ勝気であれ、軋轢を生みやすく、弱気であれば攻撃によって、勝気であれば反撃によって軋轢がエスカレートしていくことは火を見るよりも明らかであるためです。

コミュニケーションを苦痛としていたり、情緒的なバランス感覚が不足していたりする風俗嬢は、可能な限り集団待機室を避けた方が無難でしょう。


このコラムをシェアする